トップ

素敵な介護求人を探す

理想の介護求人の探し方は

介護求人のかしこい探し方

介護職の仕事は決して嫌いではなかったのに、最近仕事を辞めてしまった25歳の僕です。辞めた理由は、やはり人間関係です。ハードな仕事でチームワークが大切なのに、職場の人間関係が悪すぎました。ほかにも簡単な業務しか任せてもらえない仕事内容、低すぎる給料など不満点がたくさんあったことも原因です。

しかし、生活もかかっているので次の仕事を探しており、新しい仕事も介護職で働きたいと考えていますが、こんどこそ環境が良い職場を探したいと、いくつか求人を見ているところです。介護の求人はこちらからチェックを。

求人媒体の選択肢自体は、ハローワークや求人サイト、人材紹介・人材派遣会社など、それなりに求人情報は出ているようです。よく介護情報を出している求人媒体別にその特徴をまとめてみました。

■ハローワーク(公共職業安定所)
求職情報といえばまずここでしょう。ハローワークは、地元に密着した国の公的機関として求人情報を働きたい人たちに提供しています。地元の介護事業所は求人情報を、所轄のハローワークに登録することが基本なので、たくさん求人情報が上がっています。

一部の介護施設や事業所は、ハローワークが発行する紹介状を持参しないと、面接してくれない場合もあるから、ハローワーク求人は必ず窓口の人にアポイントを取ってもらう必要があります。

■求人情報雑誌
最近コンビニに行ったら必ずチェックする求人情報雑誌。条件の良い求人がたくさん出ているけれど、よく読みこんで誤解のないようにしておかなくては。ハローワークと同じように、自宅近くである地元の介護施設の求人を探したい人にはぴったり。ただし広告スペース入るので、肝心の読みたい求人情報量が少ないという困った傾向はあります。

■人材紹介・人材派遣会社
人材派遣会社はたいてい担当営業とコーディネーターがついてくれて、面接も一緒についていってくれることは知っている。けれども、派遣は契約が終わったらそれまでだから、やはり正社員として働きたい僕は選ばないかもしれない。もし派遣として働く場合は、派遣会社と雇用関係を結び、派遣会社に登録されている事業所で就労するという仕組みになっており決められた期間の更新を繰り返すという仕組みです。

■介護専門の人材紹介会社
給与額や勤務時間など、細かくこだわり条件があるなら介護専門の人材紹介会社がベストです。コンサルタントが事業所との間で仲介してくれるので、トラブルがあったときに頼れるところがあるのはメリットです。コンサルタントは、条件交渉を代行してくれたり、「夜勤なし」等の非公開求人を紹介してくれたり、無事に就職が決まるまでしっかりサポートしてくれます。

就業したスタッフの声や職業紹介などが現場の声として掲載されていたり、事業所を写真などを活用して事業所の雰囲気や詳細が分かりやすく掲載されていて本当に現場の雰囲気が分かりやすきできています。介護職はシフト勤務が多く終業時間帯も不規則なことから検索条件が細かくチェックできるよう工夫されています。また職種の紹介や転職ノウハウなど一般的知識も掲載されています。

そして介護職求人情報の研究を重ねた結果、最終的に選んだのは介護専門の人材紹介会社です。何故なら、既に介護職経験者の僕には、ゆずれない希望条件があるので、希望する条件をしっかり聞いてくれるコンサルタントがいる人材紹介会社は魅力的に映ったからです。僕の希望にマッチングした求人を紹介してくれるでしょう、きっと。もし、条件をじっくり選ぶよりも、今すぐ仕事を決めたい場合には自分ですぐ問い合わせられる求人サイトを使うといいみたいです。